ボディの隙間の洗浄

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

中古車はクリーニングしてキレイにしておくと査定の値段がアップすることがあります。年に数回でも愛車の洗浄を徹底的にしてみてはいかがでしょうか?

まずやってみたい箇所はボディの隙間です。トランクリッドやバックドアの開口部はかなり汚れています。雑巾を使ってドア側とボディ側を水ぶきします。ダッシュボード奥やフロントガラスの下の方は奥まで拭きましょう。

ライト類のカバーとボディの隙間、ドアとボディの隙間などの同じ面にある分割線を見切りといいます。ここもワックスや汚れが詰まっているのでブラシ類を使って汚れをかき出します。

バンパーとボディの隙間やフロントグリルの格子に詰まった汚れもブラシでかき出します。ドア開口部のヒンジ部分と、ドア内部への電気配線を覆ったチューブもきれいにしましょう。

サイドガラスをいっぱいに下ろし、ガラスに外側から密着する構造のゴムを掃除します。詰まった汚れはブラシでかき出します。サイドガラスを縦方向に支えるサッシ部分の中は、ガラスが上下するときにガイドとなるゴムがあり、ここも汚れているのでキレイにします。

[バックドア] ブログ村キーワード

カテゴリー: クリーニング | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

中古車 買取の上へ