買取と下取りの違い

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

車の買取と下取りは、どちらも車を売ることには変わりありませんが、違いがあります。

買取は、今乗っている愛車を売って、現金を受け取ります。新しい車を買いたいのなら、そのお金を頭金に充てたりします。下取りとは、今乗っている愛車を売って、同じ販売店で買う次の車の購入資金に充てます。

買取業者は買い取った車をオークションなどに転売するので、人気車種や高年式、装備がいいと高額で買い取ってくれるようです。不人気の車種や古い車は買取価格が低くなります。

下取りは、新しい車の販売が目的になるので不人気な車種でもある程度の価格で買い取ってくれます。人気車種でも値引き額に限界があるので高価になることはないようです。

どちらも一長一短があります。車を高く売りたいのであれば、まずは無料の一括査定で愛車の値段を知っておくことが大事です。愛車の値段を知ってから、どう売るか考えてみましょう。

お申込みはこちら→ズバット車買取比較

カテゴリー: 査定の基礎知識 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

中古車 買取の上へ